ビオワイン

ビオワインとは

ビオワインとは? ビオワインとは、有機栽培されたワインのこと。 ドイツでは有機栽培されたワインのことを実際『ビ

Written by BIOJAPAN · 0 sec read >

ビオワインとは?

ビオワインとは、有機栽培されたワインのこと。
ドイツでは有機栽培されたワインのことを実際『ビオワイン』と呼んでいます。
ビオワイン = オーガニックワインと『通常のワイン』の違い
  • ビオワインとは有機的に栽培され、生産されています
  • ビオワインとはワイン畑の農薬を減らします
  • ビオワインとはワイン生産者とその作業者のためにより健康的な作業環境で作られています
  • ビオワインとは害虫駆除、ブドウの木の肥料の両方において、化学物質を最小限にした-ワイン造りです
ビオワインは普通のワインと何が違うのか? 普通のワインより高いけど、美味しいの?ヴィーガンなのはあたりまえか? オーガニックワインは、 特定のワインの名称では ありません。 作る過程でビオワインと呼ばれるかどうか?が決められます。 有機栽培(オーガニック栽培)されているブドウ品種のブドウから作られた普通の ワインのことをビオワインと呼びます。 「通常の」ワインとは異なり、人工的な着色料や添加物はほとんど使用されません。
ではビオワインと普通のワインと何が違うのか? 味も見た目も、ブドウの品種や熟成の仕方に左右されるだけで、ビオだから美味しいとか、オーガニックだから二日酔いが無いとか、その辺りは、普通のワインとビオワインとほぼ何ら変わりないと思います。 ※日本で800円以下の『安い』ヨーロッパのワインで、飲んだ次の日、頭が割れるように痛くなることがありますがあれは、オーガニックでない物が入りすぎているためか、もしくは単純に飲みすぎたカラかと思います。

では、なぜより高価な
オーガニックワインを買うのでしょうか。

それは栽培において通常のワインと根本的に異なり、自然な栽培で、私たちの住む地球の環境にとって重要だからです。

ずばり、将来継続可能な未来の為に、ビオワインを選んで買うべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です